[HOME] [NSRG] [インフラ] [fml4] [fml8] [北海道] [おすすめの本] Powered by NetBSD and [nuinui.net] .
深町研究室へようこそ

2018/04/14: 北海道オープンデータ活用アイディアソン・ハッカソン: われわれのチーム「トレイルライフ」が最優秀賞
2018/04/01: fml 8.0 release (が今年の目標,25周年記念,自己圧迫)
2018/03/31: github でコードのミラーを始めました (ずいぶん前にanoncvsは停止済(_o_))
2018/03/10: AsiaBSDCon 2018 NetBSD Base System Packaging [paper] [slide] [togetterまとめ]
2018/03/09: NetBSD BoF: Toward an apt/yum-like NetBSD maintainance [slide] [togetterまとめ]
2018/02/01: 月刊 fml8 updates. [CHANGES]
2018/01/31: 電子情報通信学会  知的環境とセンサネットワーク研究会
        2017年度知的環境アプリケーションアイデアコンテスト  イノベーション賞
2018/01/01: 月刊 fml8 updates. [CHANGES]
2017/07/15: OSC北海道2017, インフラ虎の穴番外編その3 "VDI と HCI"
2017/07/15: OSC北海道2017, NetBSD 内にて basepkg の話 by 榎本
2017/07/08: JNUG BoF, basepkg の話 by 榎本、 fdgw2からbasepkgへの道 by 深町
2017/06/17: OSC沖縄2017 15:15-16:00、会場:ルーム4

20XX/YY/ZZ: 過去の変更履歴( 2009 - ) ...

2009/03/31: IIJ を退役:)しました。

研究室の目的は、若い同志(開発者)を世に送り出すことです。 われわれは草の根からUnixおよびインターネットを開発してきました。 それは楽しかったし、 この文化背景がインターネットの異様な楽しさと進化速度の秘密です。 あとに続く人たちも楽しんでほしいです。 そういうわけで、 Unixベースで開発できる オープンソース、オープンハードウエア、オープンデータなら、 なんでも来いという感じでやってます。 開発結果は フリーソフトウエア(FLOSS)として公開 します。 プログラミングは主に軽量プログラミング言語です。 たとえば、シェル、 Perl、 ... Python、 JavaScript などなど (速度が必要な場合にかぎり C 言語など) (必要なら、どんな言語でも使う食わずぎらいさは大事ですね〜)。
略歴 を見ると分かるとおり、 プロバイダ が長いので、 いちばん得意なのは 「インターネット関連の設計、開発、運用、管理」 ですが、インフラは若い人に人気がありません、さみしぃ(涙)
使っているオペレーティングシステムは NetBSD で、 NetBSD 関係の開発もしています。
最近さぼっていますが、メーリングリストドライバ( [fml 8] [fml 4] )から フリーソフトウエア(FLOSS) 開発を始めました。


深町賢一 情報システム工学科 . 千歳科学技術大学 [予定]
tel:0123-27-6097

[English] [top]

よくある質問

担当科目

ソフトウエア

参考書ガイド

NetBSD の構築

Linux の構築

他の OS tips

スタッフ:
深町賢一 [予定]

北海道が好き

検索(google)


一文にもならんことを
一生懸命やるのが
本当の文化だ
-- 梅棹忠夫

[HOME] [NSRG] [インフラ] [fml4] [fml8] [北海道] [おすすめの本] Powered by NetBSD and [nuinui.net] .
Copyright (C) 1993-2018 Ken'ichi Fukamachi mail:< fukachan at fml.org >